中性脂肪、コレステロールを下げる飲み物まとめ


ハーブティートクホ飲料は効果のある成分を添加しているものが多いので、トクホ以外の飲み物について調べてみました。

>>【トクホ飲料】はこちら

>>【コレステロールを下げるおすすめドリンク】はこちら

管理人的には、ローズヒップティーが非常に気になります。

なんか女性は昔からよく飲んでいるみたいで…「おっさんがローズヒップティー!?」って気がしないでもないですが、試しに飲んでみたいと思いますw

ローズヒップティー

『ローズヒップの抽出液を与えたマウスのグループと与えないマウスのグループを比較したところ、

与えないグループの平均体重はどんどん増えているのに対し、ローズヒップを与えたグループの平均体重はほとんど変化なく推移した。

また、内臓脂肪も30~40%近く減少し、中性脂肪やコレステロール、血糖値も減少。』

という実験結果があります。

ローズヒップは、ビタミンCがレモンの約20倍

カルシウムは牛乳の約8倍

鉄分はほうれんそうの約2倍

リコピンはトマトの約8倍

という驚異的な栄養価!

しかも、ローズヒップはノンカフェイン、低タンニン。

 目安は1日2、3杯を食前または食間に飲む。

杜仲茶(とちゅうちゃ)

『3ヶ月に渡って、ラットに高脂肪食のみの餌を与えた場合と、高脂肪食に杜仲茶エキスを配合した餌を与えた場合を比較した結果、

杜仲茶エキスを配合した餌を与えたラットのほうが、内臓脂肪量の増加量が半分になっていた。』

というデータがあります。

また、長寿ホルモンといわれる「アディポネクチン」が増加し、血糖値も改善された。という結果も出ているそうです。

杜仲茶もノンカフェイン、低タンニン。

 濃い目の杜仲茶を食前または食間に飲むのがオススメ。

お茶


お茶に含まれている「カテキン(タンニンの一種)」には、食事中のコレステロールの吸収を抑える効果があり、『食事とともに約200mgのカテキンを含む飲料を1日3回摂取すると血中コレステロールが減少した。』というデータもあります。

出来れば茶葉ごと飲むのがいいそうです。

一般的に市販されているペットボトルのお茶(500ml)に含まれているカテキン量はおよそ200mg前後、カフェイン量は50mg前後。

濃い味タイプはカテキン量がおよそ350mg前後、カフェイン量は100mg前後。

 お茶や紅茶に含まれる「タンニン」を摂りすぎると体内に鉄分が吸収されにくくなり、貧血になりやすくなる。という話しも聞くので、飲みすぎには注意しましょう。

コーヒー


コーヒーに含まれる「カフェイン」、「クロロゲン酸」には、脂肪分解を促進する効果が期待出来る。と言われています。

目安は4、5時間おきに、1日3、4杯を食間、食後に飲む。

有酸素運動や入浴の30分前に飲むのもオススメ。

ただし毎日飲み続けると、体の中にカフェインに対する耐性が出来るので、2週間ほどカフェインを含む飲料(コーヒーや緑茶)の摂取を控えてから、また飲み始めると効果が現れやすいそうです。

 カフェインの摂り過ぎは中毒や依存症を引き起こしてしまうので、カフェイン摂取量は1日400mg程度までに抑えましょう。

※コーヒー1杯(150ml)に含まれるカフェイン量はおよそ70~200mg。

■追記:2015/11/05

NHKの「ためしてガッテン」によると、なんと「がん、糖尿病、肥満、さらには動脈硬化を予防することがわかってきた。」とのこと!

なにやら、血液中のコレステロールが増えすぎると、そのコレステロールのお掃除役「マクロファージ」という白血球の一種が、血管内で力尽きて死骸となって残ってしまうのが問題となっているそうですが、

コーヒーに含まれる「フェルラ酸」という抗酸化作用を持つ有機化合物によって、なんと「マクロファージ」が復活するそうです!

ただし、1日5杯以上飲むと心臓病の死亡リスクが上がる可能性があるそうなので、くれぐれも飲みすぎには気をつけましょう。

また、緑茶に多く含まれているカテキンにも同じような効果があるので、どちらかでいいとか。

 インスタントコーヒーの瓶の保存は冷凍庫がおすすめ。ただし、瓶毎だしてしばらく放置してからしまうと、結露で湿ってしまうそうなので、取り出したらすぐにしまいましょう。

管理人的には、一袋ずつ密封されているスティックタイプが酸化しないのでおすすめ。

インスタントコーヒーを調味料として納豆や焼きそば、ヨーグルトにかけても美味しいらしいです。

紅茶

紅茶には「カテキン」、赤い色素の「テアフラビン」いうポリフェノールの一種が含まれています。

ポリフェノールには、抗酸化作用があり、血管を若々しく保つといわれています。

※紅茶1杯(150ml)に含まれるカフェイン量はおよそ30mg。

赤ワイン

赤ワインは「ポリフェノールが豊富で血液がサラサラになる。」って、よく聞きますよね。

「白ワインじゃダメなの?」と思って調べてみると、ポリフェノールはブドウの皮に多く含まれていて、赤ワインは皮ごと絞って作るのに対し、白ワインは実だけを絞るので、白ワインよりも赤ワインのほうがポリフェノールは約2.5倍多く含まれているんだそうです。

 食事で善玉コレステロールを増やすのは難しいと言われていますが、適量のアルコール摂取は善玉コレステロールを増える!

<アルコール適量の目安(1日あたり)>

種類 ワイン ビール 日本酒 焼酎
適量 グラス2杯
(200ml)
中ビン1本
(500ml)
1合
(180ml)
0.6合
(110ml)
カロリー 146kcal 200kcal 196kcal 160kcal

オレンジジュース


中性脂肪、コレステロールを下げる食品」の記事にも書きましたが、オレンジには脂肪肝を予防し、血液中のコレステロール値を正常にしてくれる「イノシトール」という成分が含まれています。

 1日に100%オレンジジュースをコップ1杯(200~300ml)程度摂るといいそうです。

また、コーヒーなどに含まれているカフェインは、体内でイノシトールを大量に消費してしまうので、カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

豆乳

大豆には中性脂肪、LDLコレステロールを減らす効果のある「大豆タンパク」の他にも、脂質異常症の改善に役立つ様々な栄養素が含まれています。

こちらも「中性脂肪、コレステロールを下げる食品」の記事参照。

 大豆イソフラボンを過剰摂取(1日150mg以上)すると女性ホルモンのバランスが乱れる可能性があるので注意しましょう。

>>【中性脂肪、コレステロールを下げる食品】まとめはこちら

このページの先頭へ